電話する メニュー
診療案内

胸膜中皮腫

はじめに

 先日行われた院内病理解剖検討会で、私が受け持った症例(60歳代男性)が、取り上げられました。若い頃アスベスト業務に就いていたので、「労災の死後認定を、家族のために得たい」との本人の遺志による解剖でした。

 私は中皮腫を含むアスベスト関連疾患の講演の冒頭に、必ず米国空母「ミッドウェイ」の話をします。1986年に横須賀で改修工事が為されました。1945年就航ですから、当時41歳、そろそろ退役ですが、それでも軍事機密の塊である空母の改修が、同盟国とは言え、なぜわが国で為されたのでしょうか?

 アスベストの発がん性は、1950年代には肺がんで、1960年代には中皮種で明白になっており、1978年には米国政府は自国民に向けて「アスベストの危険性に関する」警告を発しました。つまり、米国内ではアスベストの塊である古い軍艦の改修作業は出来なくなっていたのです。

 それ故、勤勉で人の良い(これは美徳だと思います)、しかし「モノを知らない」、故に文句が出ない日本人にお鉢が廻って来たのです。その時の作業員からどの程度の健康被害者が出たかは判りませんが、「モノを知らない」とはそういうことだと思います。

 冒頭の患者さんが、アスベスト作業に従事したのは1970年代後半で「当時はアスベストの危険性なんか知りもしなかった」と言っておりました。しかし、彼を含む多くの日本人も学習し、2005年の「クボタ騒動」を経て、石綿新法が制定されたのです。

 解剖の結果、労災認定に十分なアスベスト小体(繊維)が検出されました。「勤勉で人の良い、そして学習していた」彼の遺志が生かされることを願っております。

 中皮腫は医学的のみならず、社会学的にも重要な疾患であり、皆さんの関心も高いと考えます。今月から月1回、合計7回に亘り、①はじめに、②中皮腫とは、③アスベストとは、④診断、⑤治療予後、⑥労働災害としての補償、⑦公害としての救済 の予定で、主として胸膜中皮腫について記載してまいります。

中皮腫とは

 中皮(細胞)が腫瘍化したのが中皮腫です。では、中皮mesotheliumとは何でしょうか?

 人の体は37.2兆個の細胞から成ると報告[1]されていますが、最初は1個の受精卵です。受精卵が細胞分裂を繰り返し、外胚葉・内胚葉・中胚葉という三つの細胞グループが形成されます。

 外胚葉は脳神経組織および体の外表面で外界と接している表皮(皮膚の表層)組織に、内胚葉は呼吸器・消化器・下部泌尿器(膀胱、尿道)などの体の内表面で外界と接している上皮(管腔臓器の表層)組織に、中胚葉は筋肉・骨・脂肪組織・血管などの体(構造)を支える組織と、腎臓・尿管・膀胱の一部・生殖腺に、分化(細胞の形態や機能が変化し、各種役割が担われる現象)していきます。

 「中皮」は中胚葉由来です。基本一層の中皮細胞のシート状配列が袋閉じし、ビーチボールのような袋構造になった組織です。その袋はつぶれており、内部には空気ではなく少量の液体が存在しています。

 臓器には心臓(心拍動)や肺臓(呼吸)のように絶えず動いている臓器があります。消化管も絶えず蠕動運動をしています。そのような「動く臓器」は周囲構造との軋轢(摩擦)を絶えず受けることになりますが、中皮で覆われることにより、中皮および内部の液体がクッションとなり、「周囲構造との軋轢が緩和されている」と、合目的的には考えられます。

 中皮のうち肺臓を包むのが「胸膜」(左右二箇所あります)で、袋状の胸膜の内部が「胸腔」です。心臓を包むのが「心外膜」で、その内部が「心(外)膜腔」です。消化管を包むのが「腹膜」で、その内部が「腹腔」です。なお、通常は動きませんが睾丸も中皮に包まれます。(図1参照)

 中皮による臓器の包まれ方を表したのが図2です。バスケットボールが各臓器(心臓、肺臓、消化管)、空気を抜いたビーチボールが各中皮(心外膜、胸膜、腹膜)を表します。各臓器に接する側の中皮を「臓側膜」、反対側の中皮を「壁側膜」と呼び、胸壁・腹壁などの周囲構造を裏打ちします。そして中皮腫は必ず「壁側膜」から発生します。

 次回は「胸膜中皮腫」を例に、胸膜中皮腫瘍化の最大の原因である「アスベスト」について説明します。

参考文献
[1]Bianconi E, at al.(2013) An estimation of the number of cells in the human body. Ann Hum Biol. 40(6):463−471.

アスベストとは

 アスベストは鉱物由来の繊維です。鉱物でありながら糸や布に織ることが可能(紡織性)、燃えない(耐熱性)、酸やアルカリにも強く(耐薬品性)、電気を通さない(絶縁性)、湿気に強い(耐腐食性)、安価(経済性)等、万能性を有し「奇跡の鉱物」と呼ばれ、各種産業に欠かせない素材でしたが、ただひとつ致命的な欠陥がありました。一旦肺の奥まで人知れず吸入されると、排出されることなく肺や胸膜に留まり、10年以上の時間をかけ生命を蝕むこともある「静かなる時限爆弾」だったのです。

 アスベストは単一の鉱物ではなく、6種類が知られていますが、主として使用されていたのはクリソタイル(白石綿)、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)の3種です(図1参照)。

 その中でクリソタイルが、最も多く長く使用されていましたが、2006年9月1日に、法令上原則新規使用禁止(例外あり)になり、2012年3月1日に完全新規使用禁止(例外なし)を規定した厚生労働省令が施行されました。しかし、これらはあくまでも新規使用の禁止であり、既存の建築物等に含まれるアスベストは、広く社会に残っていることを銘記しておいてください。

 アスベスト関連疾患として認められている(石綿健康被害救済制度の対象となる)のは「中皮腫」「石綿による肺がん」「石綿肺」「びまん性胸膜肥厚」の4疾患です。「胸膜プラーク(限局性胸膜肥厚)」も石綿吸入が原因となる所見ですが、疾患ではありません(図2参照)。

 「肺がん」と「石綿肺」は肺の疾患ですが、「中皮腫」と「びまん性胸膜肥厚」は胸膜の疾患です。また、「びまん性胸膜肥厚」は臓側胸膜(「②中皮腫とは」参照)から壁側胸膜に及びますが、「中皮腫」「胸膜プラーク」が生じるのは壁側胸膜です。

 アスベスト繊維は臓側胸膜から胸膜腔に出て、壁側胸膜に突き刺さる(Kiviluoto説)のではなく、壁側胸膜のところどころに開いている小孔(リンパ性ストーマ)から侵入しそこに留まる(Hillerdal説)と考えられています(図3参照)。

 各アスベスト関連疾患には、「アスベスト曝露量」と「疾患出現までの時間(潜伏期間)」の関係に特徴があります(図4参照)。「中皮腫」「胸膜プラーク」は比較的少量のアスベスト曝露でも発生しますが、「石綿による肺がん」「石綿肺」の発生には比較的多量のアスベスト曝露が必要です。また、「中皮腫」「石綿による肺がん」などの悪性疾患の出現には、30~40年の時間が必要となります。

 最後に、日本の「アスベスト輸入量」と「中皮腫死亡者数」の変遷のグラフを示します(図5参照)。日本の高度経済成長期に増大したアスベスト需要のピークから40年遅れで、中皮腫死亡者数のピークが来るとすれば、それは2030年台になることが予想されます。それこそが、アスベストが「静かなる時限爆弾」と呼ばれる由縁なのです。次回は「中皮腫の診断」について記載します。

参考文献:職業性石綿ばく露と石綿関連疾患-基礎知識と労災補償- 森永 謙二 編(三信図書)

複十字病院 呼吸器内科
内山 隆司

呼吸器センター(呼吸器内科)はこちら