電話する メニュー
診療案内

気胸

正常ではガスのない胸腔内にガス(空気、その他の気体)が貯留した状態を気胸ききょうといいます。肺に穴があいて、空気が漏れ出てしまう状態です。
原因によって自然気胸しぜんききょう、外傷性気胸がいしょうせいききょう(けがを負うことで気胸ききょうが起こること)、医原性気胸いげんせいききょう(医療処置でやむを得ず気胸ききょうが生じること)があります。当院で対応している主な気胸ききょうは、自然気胸しぜんききょうになります。

自然気胸しぜんききょうには、さらに臨床上、肺疾患を認めない患者におこる特発性とくはつせい自然気胸しぜんききょうと、何らかの肺の病気に続発して起こる続発性ぞくはつせい自然気胸しぜんききょうに分けられます。
特発性とくはつせい自然気胸しぜんききょうでは、男女比は約7:1で男性に多く、年齢分布は10-40歳で全体の約80%を占めております。体型の特徴として背が高く、痩せた人に起こりやすい傾向があります。

続発性ぞくはつせい気胸では、基礎疾患として、肺気腫はいきしゅ肺結核はいけっかく非結核性抗酸菌症ひけっかくせいこうさんきんしょう、間質性肺炎があります。自覚症状は、まったく無自覚で健康診断で偶然に発見される場合もありますが、大部分は突然の胸痛、呼吸困難などを訴えることが多いです。

治療は、軽症例では安静にして自然に吸収されるのを待つ方針があります。多くの場合、肺虚脱例が多いので、胸腔ドレナージ術を施行します。繰り返す気胸ききょうに対して、外科治療を行う場合もあります。続発性ぞくはつせい気胸で、治療が困難な例があります。この場合、気管支充填術きかんしじゅうてんじゅつEWSイーダブリューエス)を積極的に行っております。気胸ききょうの原因になっている肺の穴につながっている気管支に、詰め物をして気胸ききょうを治療する方法です。EWSイーダブリューエス(Endobronchial Watanabe Spigot)とは詰め物に使われるシリコン製の医療機器の名称です。当院のEWSイーダブリューエス例は、2014年は13例、2015年は19例、2016年32例です。