電話する メニュー
診療案内

放射線診療部(放射線治療科)

患者さんへ

我が国の死亡原因の第一位は死因の30%を占める悪性腫瘍です。今後も増えることが予想されその克服が国民的課題となっております。放射線治療は、外科手術、抗がん剤治療とならんでがん三大治療法の一つです。他の治療法に比べ体の臓器の機能と形態を温存でき、患者様に優しい局所治療法です(放射線治療の動画はこちら)。

当院は北多摩地区の東京都がん診療連携協力病院です。当院で治療を行っている病気には肺癌、乳癌、消化器癌や泌尿器癌などがあります。転移癌に対する治療も行っておりQOL(quality of life: 生活の質)の向上にも努力しています。当院には3次元放射線治療装置(ライナック)がありX線と電子線による治療が可能です。放射線治療専門医の資格をもつ常勤医1名、非常勤医1名の他に放射線治療専門技師、放射線治療専任看護師が協力して放射線治療を行っております。また当院放射線診断専門医や内科・外科医師、放射線診断医などと密接に連携をとりながらより良い医療を皆様に提供できるよう心掛けています。いつもは内科・外科など他科のご紹介により放射線治療を承っていることが多いのですが、他施設で手術を受けられても放射線治療は当院でお受けになりたい場合には、かかりつけ医あるいは地域医療連携室(042-491-9128)をとおしてご相談ください。

地域医療連携室:042-491-9128

医療機関の皆様へ

日本人の死因の第一位であり、今後も増え続けるがんの克服をめざす取り組みは焦眉の急となっております。放射線治療は、外科手術、抗がん剤治療とならんでがん三大治療法の一つですが、他の治療法に比べ体の臓器の機能と形態を温存できる局所治療法であり、高齢者にも適応できる患者様に優しい治療法です(放射線治療の動画はこちらをご覧ください)。

当院は北多摩地区の東京都がん診療連携協力病院であります。当院で治療を行っている病気には肺癌、乳癌、消化器癌や泌尿器癌などがあり年間200名ほどの患者様の放射線治療を行っております。また転移癌に対する治療も行っておりQOL(quality of life: 生活の質)の向上にも貢献しています。当院には3次元放射線治療装置(ライナック)がありX線と電子線による治療が可能です。放射線治療専門医の資格をもつ常勤医1名と非常勤医1名の放射線治療専門医と共に放射線治療専門技師、放射線治療専任看護師とでより良い医療を患者様に提供できるよう心掛けております。院内では呼吸器センター、乳腺センター、消化器センターなど各科の医師と定期的なカンファレンス行っており連携を密にとっております。定位放射線治療(SRT)や強度変調放射線治療(IMRT)適応の患者様については当院の連携病院である新山手病院(東村山市)で治療を行えますのでご相談ください。近い将来に向け当院でも高精度放射線治療を行える装置の導入も予定しております。ぜひ地域の先生方よりのご紹介をお待ちしております。放射線治療をお受けになりたい患者様がおられる場合には、当院の地域医療連携室(042-491-9128)をとおしてご連絡ください。

地域医療連携室:042-491-9128

医師紹介

所属氏名
放射線診療部長(治療)
渋谷 均(しぶや ひとし)
卒業年次
東京医科歯科大学医学部医学科 昭和48年卒
専門分野
放射線治療
資格・学会
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
第1種放射線取扱主任者