電話する メニュー
プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

複十字病院における利用者個人情報取り扱い方針

※利用者とは「患者」「検診受診者」の皆様のことを指します。

複十字病院における利用者個人情報の取り扱いに関する基本理念

  1. 利用者個人情報の取り扱いに関しては、利用者ご本人の意志を尊重します。
  2. 利用者の意志を確認できない場合には、しかるべき代理人と相談します。その場合、利用者の意志の確認が可能になり次第、追確認します。
  3. 亡くなられた利用者に関しては、上記2.に準じます。
  4. 利用者個人情報の「保護」は、刑法・各資格法における守秘義務の規定のみならず、利用者の基本的権利であることを職員に徹底し、外部委託機関にも同様の理念を共有してもらいます。
  5. 利用者個人情報の取り扱いに関する院内委員会を設置し、責任体制を明確にします。
  6. 利用者個人情報の取り扱いは、明確な規定を設け、これを運用します。
  7. 利用者個人情報の取り扱いに関する法令、内部規定を遵守します。
  8. 利用者個人情報取り扱いについては、定期的な内部監査を実施します。

複十字病院における利用者個人情報の取り扱い方針

1.原則として、利用者個人情報を以下の目的以外には使用しません。

  • 本人の診療ならびに健康管理
  • 安全管理(取り違いを防ぐための氏名の掲示・記載・呼び出しを含む)
  • 会計事務
  • 管理事務(業務委託を含む)
  • 臨床治験に関すること

また、臨床検査および保険請求等でデータ処理を外部委託する場合は内部規定に従い十分な個人情報の保護水準にある事業者を選定します。

2.原則として、利用者個人情報を本人の許可なく外部の第三者に提供しませんが、 以下の場合は当該目的に限定し、診療に関して知り得た利用者個人情報を本人の許可なく、外部の第三者に提供することをご了承下さい。

  1. 各種法令に基づく官公庁への提供
  2. 外部医療監査機関への提供
  3. 医療保険事務機関への提供(民間保険会社からの照会は本人許可必要)
  4. 他の医療機関との診療連携における診療情報の提供(紹介医、転院先医療施設、外部薬局訪問看護ステーション、介護サービス事業者など)
  5. 外部の医師の意見・助言を求める場合の診療情報の提供
  6. 医師賠償責任保険などに係る保険会社などへの相談または届け出など
  7. 医学・看護学などの学術研究への利用(匿名化が前提)
  8. 当院職員・臨床実習学生に対する教育研修への利用
  9. 家族などへの病状説明(学校や職場からの照会は本人許可必要)
  10. お見舞いの方への病室案内

3.診療情報の開示は、利用者の皆様のお申し出により、院内規定に基づいて対応いたします。ご希望の方は主治医もしくは医療連携室にお申し出下さい。

4.上記の利用者個人情報の利用・提供がご意志に反する場合には、その旨を主治医または病棟師長にお申し出下さい。お申し出があれば「病室への氏名の表示」や「お見舞の方への病室案内」はいたしません。

上記の利用・提供範囲において、拒否の意志表示が無い場合には同意が得られたものとします。また同意・拒否の変更はいつでも可能ですので、遠慮なく主治医、病棟師長までお申し出下さい。
当院の個人情報保護に関して意見もしくは苦情等がある場合には、医療連携室までお申し出下さい。

平成29年4月1日 院長

個人情報保護規程
診療録および診療諸記録の電子保存に関する運用管理規定