電話する メニュー
訪問看護ステーション

サービス内容

『訪問看護』は看護師が看護対象者の自宅へ出向き、その生活の場で行う看護活動です。
「病気や障害があっても、住み慣れた家で暮らしたい…」 「人生の最期を自宅で迎えたい…」。でも「家族だけで介護や医療ケアが出来るだろうか?」「一人暮らしだけれど大丈夫?」と不安に思うことが多いと思います。

そんな時に頼りになるのが『訪問看護』です。訪問看護は、地域で暮らすすべての年代の方に、関係職種と協力しあって、一人一人に必要な看護サービスを行います。

当ステーションは24時間体制で皆様をサポート致します。

訪問看護サービス

身体状態の観察

病気や障害の状態、体温・脈拍・血圧などの観察を行い、アセスメント (評価)を行っていきます。

病状の悪化防止(予防的看護)

低栄養、褥瘡、拘縮、肺炎などの予防、健康維持と悪化防止の支援をします。

療養生活の相談とアドバイス

栄養管理及びケア、排泄管理及びケア、清潔ケア、療養環境の整備などの直接的なサービスと助言、指導等を行います。『日常生活の困った!』をご相談下さい。

点滴・注射などの医療処置、医療機器管理

主治医の指示により、点滴注射や褥瘡・創傷処置等を行います。また、在宅酸素、在宅人工呼吸器療法、中心静脈栄養法、人工肛門などの高度医療への対応、経管栄養法等の管理、指導を行います。

痛みのコントロールや服薬管理

ガンやその他疾患による疼痛緩和ケアや日々の服薬管理など主治医と連携をとりながら、お薬に関する相談、助言、指導を行います。