電話する メニュー
病院概要

病院長ご挨拶

ご挨拶

複十字病院のホームページを訪れて頂きありがとうございます。
病院長の後藤ごとうはじめと申します。

当院は、1947年、当時「国民病」とまでいわれた結核の患者さんを救うために、皇后陛下のご下賜金によって結核予防会が設立され、以来、70年に及ぶ歴史を重ねてきました。
この歴史の中で、我が国の疾病構造も大きく変わってきています。

結核の患者さんは減り、代わって「がん」や「生活習慣病」の患者さんが増え、そして人口の高齢化は急速に進行しています。
こうした状況に対応するために、当院の診療体制は大きく刷新されており、
1. 「呼吸器疾患(肺炎、喘息、COPDなど)」および「結核と非結核性抗酸菌症」
2. 「がん(肺がん、消化器がん、乳がん)」
3. 「生活習慣病(糖尿病など)」および「認知症」
を、3本の柱とする、これからの時代に向けた病院として運営されています。
それぞれの柱で、地域の皆様の信頼に応えるとともに、診療内容については我が国のトップレベルを目指しています。

現在、当院は、
1. 結核については、厚生労働省から、東日本で唯一の「高度専門施設」
2. がん診療については、東京都から「がん診療連携協力病院」
3. 認知症については、東京都から「認知症疾患医療センター」
4. 臨床研究については、長崎大学から「長崎大学医歯薬学総合研究科大学院」
に認定されています。

これらの認定に恥じない診療、さらに高い水準の診療を、何よりも「患者さんの目線」
に立って実践し、皆様に貢献したいと考えています。

略歴

1973年東京大学医学部卒業。自治医科大学講師、東京大学医科学研究所助教授、東京都立駒込病院部長、杏林大学医学部教授・医学部長を経て、2014年より複十字病院長。

専門分野
呼吸器疾患・感染症