電話する メニュー
部門紹介

薬剤部

薬剤部理念

チーム医療の中で専門性を活かし、安全で適正な薬物療法を提供する

薬剤部は病院の正面玄関を入ってすぐ右手にあります。
薬剤師13名(+パート1名)、事務員3名で他の医療スタッフと連携を取り合い、患者さんに最も適した薬物治療が行えるよう、日々努力しています。
医療は日々進歩し高度な知識が要求されています。そのニーズに対応するため自己研鑽と資格習得、学会参加・発表などに力を入れています。現在、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師、スポーツファーマシストなどの資格を習得した薬剤師が活躍しています。

 

業務について

調剤業務

調剤者と鑑査者の二人の薬剤師が処方せんの内容について、薬の量・飲み方・飲み合わせ・副作用などをチェックし、薬を調製しています。チェックの際、疑問点が生じた場合は医師に問い合わせをして、適切かどうかを確認しています。このようにして、患者さんの手元には安全に薬が届くようにしています。

注射薬セット業務

調剤者と鑑査者の二人の薬剤師が注射せんの内容について、注射薬の量・投与期間・投与速度・複数の注射薬を混ぜることにより、薬の効果や品質が落ちないか等をチェックします。チェックの際、疑問点が生じた場合は医師に問い合わせをして、適切かどうかを確認しています。このようにしてセットされた薬を病棟に供給しています。

病棟業務

病棟で、薬の正しい飲み方・効果・副作用等を説明し、安心して飲んでいただけるよう手助けをしています。検査値や体の状態を確認し、副作用の早期発見に注意しています。薬物治療がより効果的かつ、安全に行えるよう努めています。

製剤業務

院内で安全性と有効性を検討し、問題がないと認められた医薬品を調製しています。 院内で調製した医薬品は、原料の製造番号・調製日・使用期限・外観試験の結果等の記録を行い、品質の管理に努めています。

医薬品の管理と供給

医薬品の発注と管理および各部署への供給を行っています。医薬品の品質が低下しないよう、有効期限・温度などをチェックし、適正に管理しています。 麻薬・向精神薬は「麻薬および向精神薬取締法」に基づき、厳重に管理しています。

医薬品情報の提供

医薬品には、安定性や他の薬との飲み合わせなどに関する情報がたくさんあり、日々、追加・変更されています。担当薬剤師が製薬企業・厚生労働省等から医薬品の情報を収集し、他の医療従事者や患者さんに分かりやすい形にして、提供しています。

外来化学療法

専用の設備で抗がん剤の混ぜ合わせを実施しています。その際、ガイドラインに基づいた無菌的な調製を行っています。

治験業務

当院では治験を実施できる体制をとっています。その窓口となっている治験事務局を薬剤師が担当しています。また、薬剤部では治験薬の管理、調製等を行っています。

チーム医療への参加

患者さんの治療に当たっては、医師、看護師やその他の医療スタッフがチーム一体となって取り組んでいます。薬剤師も薬に関する専門的な立場から、患者さんに適切な薬物治療を提供できるように努めています。

化学療法に対する取り組み

抗がん剤は、他の一般的な薬と違い、効果が出る薬の量と副作用が強く出る薬の量が非常に近い薬剤です。そのため副作用の発現頻度が高く、安全に抗がん剤治療を行うためにレジメン(治療計画)に基づき治療が行われています。レジメンとは、院内の化学療法委員会で審査された医学的根拠のある治療計画のことです。化学療法委員会では、各診療科の医師、看護師、事務部職員とともに薬剤師が参加し、薬の専門家としてレジメン審査や管理に携わっています。 その他に、PCT(緩和ケアチーム)、NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染対策チーム)、、糖尿病など様々な分野に関わっています。

 

病院の薬剤師を希望される方へ

日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師

病院の薬剤師は上記のような様々な業務があり、幅広い知識を求められます。当院の薬剤部はシフト制で、主に調剤業務・注射セット業務・病棟業務・抗がん剤のミキシング業務をローテーションで行います。病棟は担当制になっていますが、必要に応じて担当病棟以外も回るため多くの知識や技術が習得できます。また、回診やカンファレンスなども希望すれば参加させてもらえるので、大変ですがやりがいがあります。

現在、私は結核病棟とICT(infection control team:感染対策チーム)を担当しています。当院は結核の拠点病院となっており、感染症に関してはより高度な知識が求められます。みなさんは抗菌薬がほかの薬と異なる点をご存知ですか?それは院内環境に影響を与える薬ということです。どういうことかといいますと、薬は通常、投与された患者さんにだけ作用します。しかし、抗菌薬は適切に使用しないと病原菌が薬に効かない耐性菌になり、その耐性菌が院内に広がると院内感染となってしまいます。そうならないように抗菌薬・消毒薬を適正に管理する必要があります。

今後も自己研鑽をして、患者さんに安心して治療を受けていただけるように努力していきたいと考えています。

 

日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師

薬剤師は、抗がん剤の投与量や投与間隔などの投与計画の管理、患者さんへの治療スケジュールや副作用・その対策についての説明、副作用への対処薬剤の検討、抗がん剤の安全な調製など、がん薬物療法が安全かつ適切に進むよう様々な活動を行っています。特に副作用への対策は、予防に努めることで最小限に抑えることができる症状も多く、薬剤師の重要な責務として積極的に取り組んでいます。

がん薬物療法を始める方の多くが、「これからどんなことが起こるのだろうか・・」と不安な気持ちを抱えておられます。治療の内容や副作用についての情報を得ることで不安が軽減し、治療が進むにつれ患者さんが笑顔を見せてくださったときが、一番の私の励みとなっています。がん薬物療法認定薬剤師としてがん薬物療法に貢献し、患者さんに安心して治療に臨んでいただけるよう、今後とも努力してまいります。

近年、薬剤師のがん薬物療法への取り組みはどんどん進化し、この勢いは今後も増していくでしょう。既成概念にとらわれず、熱い志とパワーを持った若い世代の力が必要とされています。

薬学生のみなさん、ともに頑張っていきましょう!

お薬について

院外処方せんについて

複十字病院では「院外処方せん」の発行を行って、「かかりつけ薬局」でお薬を受け取ることをお願いしております。
「かかりつけ薬局」では、当院から処方されるお薬だけでなく患者さんが服用されているお薬全てを総合的に記録することで、薬の重複投与や悪い飲み合わせを防止して安全に使用できます。

お薬の正しい飲み方、注意事項

  • 錠剤・カプセル剤は包装シートから取り出してお飲み下さい
  • お薬はお水か白湯でお飲み下さい
  • お薬は湿気や直射日光を避け、涼しいところに保存して下さい
  • お薬は子供の手の届かないところに置いて下さい

 

使用方法や副作用など、お薬についてご相談がおありの方は下記へご連絡下さい

平日 日中(8:30-17:00)、土曜 午前(8:30-12:15)

042-491-5275(薬剤部 直通)

平日 夜間(17:00-8:30)、土曜 午後(12:15~)、日曜、祝日

042-491-4111(代表)