電話する メニュー
診療案内

糖尿病・生活習慣病センター(糖尿病科)

診療内容

糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、肥満症は日本人で最も多い生活習慣病の一つです。ところが生活習慣とは無関係の病気である「内分泌疾患」-ホルモンの病気-が原因で、このような病気が現れることも考えられます。まず、「内分泌疾患」のような病気を考え、その上で生活習慣病の診療を進めています。

生活習慣病があっても症状のないことが多いものです。長時間かかって高血糖による病気-眼底出血、腎臓病など-や、動脈硬化による病気-心筋梗塞、脳梗塞など-が起きてきます。これらは日常生活の障害を引き起こし、死につながります。そこでこのような生活習慣病の状態は「無言の殺し屋-Silent Killer」などと表現されます。

私たちの診療目的は皆さんの健康的な生活を維持するお手伝いをすることです。

次のようなことに心当たりがある方は受診してください。

    1. 健康診断で以下のことに注意するように言われた方。
      • メタボリックシンドローム
      • 高血糖
      • 脂質異常(コレステロール、中性脂肪の異常値)
      • 高血圧
      • 脂肪肝

 

  1. 数ヶ月間で体重が増えて、ズボンのベルトがきつくなった。
  2. 最近、甘いものがやたらほしくなる。
  3. とても喉が渇いて水を多く飲み、尿が心配なくらいよくでる。
  4. 両方の指先、足先がしびれる。

医師の紹介

所属氏名
糖尿病、生活習慣病センター長
糖尿病科長
及川 眞一(おいかわ しんいち)
卒業年次
東北大学 昭和48年卒
専門分野
特に糖尿病、脂質異常症、肥満症
資格・学会
日本内科学会 認定内科医
日本糖尿病学会 指導医・専門医
日本老年病学会 指導医
日本動脈硬化学会硬化学会評議員
日本肥満学会評議員
日本糖尿病学会評議員
日本臨床栄養学会評議員
日本老年病学会評議員
日本病態栄養学会評議員
日本臨床栄養学会監事
日本糖尿病合併症学会幹事
日本動脈硬化学会理事
日本肥満症治療学会理事
ドクターオブドクターズネットワーク 優秀専門臨床医
所属氏名
医員
小林 俊介(こばやし しゅんすけ)
卒業年次
日本医科大学 平成22年卒
専門分野
糖尿病、内分泌疾患
資格・学会
日本内科学会 認定内科医