電話する メニュー
診療案内

糖尿病・生活習慣病センター(循環器科)

診療内容

当院の循環器科医師(鈴木文男医師)は1992年(東京医科歯科大学在籍時)より、 日本不整脈学会 ならびに日本心電学会の評議員の立場にあり、これまで多くの研究発表を行ってきました。 アブレーション治療やペースメーカー治療を行う場合には、心臓カテーテル設備のある当院関連の 新山手病院(東村山市)に入院していただき、同病院のスタッフとともに治療を行います(治療日毎週水曜日)。 循環器診療の主たる分野の一つは救命救急医療ですが、”1人循環器科”では限界があり、 急性心筋梗塞などには対処しえません。

当院の外来または病棟において、急性冠症候群、重症心不全、 心原性ショックなどの重症心疾患患者さんが発生した場合には、新山手病院の循環器病センターへ移っていただき、 最新の治療が受けられる体制が整えられています。

循環器科へのメールはこちら

次の症状がある方は受診ください

「胸痛」「胸の締めつけ」「脈の乱れ」「息苦しい」「動悸」など

【病状から考えられる病名】
「頻脈発作」「狭心症」「心筋梗塞」「弁膜症」「心筋症」「心不全」「不整脈」

可能な検査・治療

検査

12誘導心電図、ホルター心電図検査、心臓超音波検査、心臓核医学検査、(トレッドミル負荷心電図検査)

治療

薬物療法
カテーテルアブレーション(新山手病院にて実施)
経皮的冠動脈インターベンション(新山手病院にて実施)

医師の紹介

所属氏名
健康管理センター長、循環器科長
鈴木 文男(すずき ふみお)
卒業年次
東京医科歯科大学 昭和50年卒
専門分野
循環器
徐脈性不整脈(洞不全症候群、房室ブロック)の診断・治療
頻脈性不整脈(上室性頻拍、心室頻拍、心房粗動、心房細動)の診断・治療
(アブレーション治療は新山手病院にて行う)
資格・学会
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本内科学会 認定内科医
日本医師会 認定産業医

年間外来患者数

2013年度 2014年度 2015年度
外来患者数 5533 5356 4829