電話する メニュー
診療案内

中央手術部(麻酔科)

中央手術部について

当麻酔科は外科系各科との連携のもと、術前診察をはじめ術中においても、徹底した麻酔管理と経過観察をしており、術後の痛みについても可能な限り取り除くように努めています。患者さんにとって心身ともに安心と安全である確かな医療を行っております。
上述の手術室麻酔管理以外にも院内の緩和ケアチームの中心的役割を担い悪性疾患の緩和医療にもあたっています。

診療内容

①手術前の麻酔科診にて合併症の有無と術前準備、麻酔計画、麻酔方法の選択
②麻酔管理は患者さんの安全に必要なモニターを用いて全身状態を監視し、手術侵襲・ストレスなどの軽減のため多種薬剤を用いて治療に当たる
③術後、硬膜外ブロックなどによる疼痛コントロール

医師の紹介

所属氏名
中央手術部 部長
宮崎 聡(みやざき さとし)
卒業年次
金沢医科大学 平成3年卒
専門分野
麻酔科
資格・学会
日本麻酔科学会 指導医・専門医
麻酔科標榜医
日本医師会 認定産業医
所属氏名
中央手術部 麻酔科長
住谷 泰(すみや やすし)
卒業年次
日本大学 平成6年卒
専門分野
麻酔科
資格・学会
日本麻酔科学会 指導医・専門医
麻酔科標榜医
日本ホメオパシー医学会 認定医
所属氏名
中央手術部 主任
鎌形 千尋(かまがた ちひろ)
卒業年次
日本医科大学 平成17年卒
専門分野
麻酔科
資格・学会
医学博士
日本麻酔科学会 指導医・専門医
麻酔科標榜医
日本心臓血管麻酔学会 専門医

診療実績

2011年度 2012年度 2013年度
手術件数 856 658 647
鏡下手術 246 216 235

当院は一般的な手術の麻酔管理はもとより、肺外科・食道外科などの開胸操作を伴う専門性の高い分野の麻酔管理が比較的多い。しかし、比較的小さな手術でも、局所麻酔以外は全身麻酔、脊髄麻酔、硬膜外麻酔にかかわらず麻酔科が担当致します。また局所麻酔の手術においてもハイリスクとなる合併症が認められた場合、麻酔科が手術中スタンバイすることもあります。