電話する メニュー
病院情報の公表

病院情報の公表

複十字病院 DPCデータによる病院指標(平成27年度)

指標の項目

平成27年度の当院DPCデータによる指標を以下の項目について公表いたします。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診療科別症例数TOP3
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数
  6. 診療科別主要手術の術前、術後日数 症例数TOP3
  7. その他(DICの請求率等)

集計方法と定義

集計方法と定義は以下のとおりです。

  • 平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)までに退院された患者さんが対象です。
  • 医療保険を使用された患者さんのみ対象とし、労災や自賠責、自費等は含まれていません。
  • 年齢は、入院日時点の年齢を基準としています。
  • 症例数10未満は「- (ハイフン)」としています。

平成27年度 公益財団法人結核予防会複十字病院 病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢階級別退院患者数ファイル

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 48 98 126 298 493 1084 1613 1026 138

当院は結核診療の歴史が長く、勢い呼吸器疾患患者さんが多数を占めています。呼吸器疾患は加齢に伴い発症し、慢性化しやすい特徴を有します。また消化器科・乳腺科・糖尿病科も長くかかりつけの患者さんが多いのが特徴です。 入院患者さんに占める70歳以上の方の割合は56.4%でした。

診断群分類別患者数等

診断群分類別患者数等(上位3位)ファイル

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 362 18.52 14.34 4.42% 71.13
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 気管支鏡等検査入院 268 2.93 3.29 0.00% 71.84
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 175 38.72 20.63 1.71% 72.83

当科は、あらゆる呼吸器疾患に対応しています。中等症から重症な患者さんが比較的多く、「在宅酸素療法の導入」や 「呼吸リハビリテーション」も多く行われており、退院後の日常生活にスムーズに戻れるようにサポートしています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 106 20.21 13.03 0.94% 71.23
040170xxxxxx0x 非結核性抗酸菌症(手術含む) 39 30.23 10.80 0.00% 54.51
040200xx01x00x 気胸 手術あり(胸腔鏡下手術等 ) 31 8.39 9.68 0.00% 26.42

当科は、低肺機能の患者さんにも対応すべく、術前術後の呼吸リハビリテーションを入念に施行しています。また、他院ではあまり行われていない 「非結核性抗酸菌症」に対する手術も積極的に施行しており、全国から多くの患者さんが受診されています。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 50 2.98 7.01 0.00% 79.34
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 14 6.43 7.91 0.00% 71.07
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし

当科は、悪性腫瘍に対する化学療法や、胃十二指腸潰瘍、大腸憩室炎など手術を伴わない消化器疾患の内科的治療を行っています。 大腸ポリープに対する内視鏡的切除術も数多く行っています。

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 151 5.07 4.53 0.00% 64.90
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 78 4.44 7.01 1.28% 80.33
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 54 5.31 4.51 0.00% 72.07

当科は、ヘルニアや胆石等の手術に加え、消化器全般の悪性腫瘍に対する手術を行っています。 その中でも大腸(結腸)癌に対する手術が最も多く行われています。
悪性腫瘍に対し、手術(通常1回)を施行した後の化学療法(複数回)なども引き続き当科で行っている(主治医が変わらぬ利点あり)ため、手術なし治療群が症例数上位を占める結果となっていますが、手術数も豊富です(手術数は6)診療科別主要手術の症例数を参照ください)。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 46 18.04 10.37 2.17% 62.57
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 33 25.88 11.63 0.00% 61.06
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 32 4.06 4.66 0.00% 51.88

当科は、乳癌という単一疾患に対してあらゆる治療を、乳腺専門医がおこなっています。 術後のリハビリを行って退院することが多いため、在院日数が長めですが、十分なリハビリを行う事によって、術後の浮腫などの予防につながります。また、術前・術後や再発に対しての入院化学療法も行っています。

糖尿病科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 36 14.31 15.35 0.00% 62.64
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 14.20
100120xxxxxxxx 肥満症 20.84

当科は、主に糖尿病科専門医師による糖尿病教育入院を行っており、管理栄養士によるサポートも充実しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイル

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 11 10 10 1 7
大腸癌 18 14 21 22 23 40 1 7
乳癌 44 41 14 1 7
肺癌 94 26 39 126 133 114 1 7
肝癌 2 6

※ 1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約
数字は延べ患者数(延べ入院回数)ですので、患者実数とは異なります。 また、癌のステージは転移の有無などを総合的に検討して決定されるため、初回検査入院時に癌の診断が確定しても、その時点では転移の有無が不明であり、ステージも不明となります。なお、治癒困難例(進行例)の緩和ケアにも積極的に取り組んでおり、主治医のみならず緩和ケアチームも患者さんやご家族をサポートしています。

集計方法と定義

5大がんについて、集計期間に入院治療を行った、初発患者の病期分類による患者数、再発患者の患者数を示しています。当院において、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計しています。
がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、ステージ0からステージIVまであります。 なお、ステージIVが最も進行していることになります。
病期分類は治療前に得られた情報に基づくUICC(国際対がん連合)のTNM(T:原発腫瘍の拡がり N:所属リンパ節転移の有無と拡がり M:遠隔転移の有無)から示される病期によって分類しています。
一連の治療期間中であっても、遠隔転移などを認めた場合には再発としています。
治療法を変更した場合(抗がん剤の薬剤変更など)は再発としております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイル

患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 92 12.24 57.20
重症度 1 32 21.97 59.97
重症度 2 128 19.19 79.82
重症度 3 79 27.00 80.75
重症度 4
重症度 5
不明

軽症と比較し、中等度以上の平均年齢は10歳ほど高くなっており、重症度が上がるほど平均年齢も高くなっています。超重症例は残念ながら入院後間もない時期の死亡例もあり、平均在院日数が短くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

脳梗塞のICD10別患者数等ファイル

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症) 3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

当院は、脳梗塞症例は積極的には受け入れていません。 他疾患で当院入院中に脳梗塞が合併した場合は、内科的治療のみを行い、更なる治療(血栓溶解療法等)が必要な場合は他院を紹介させていただいています。

診療科別主要手術別患者数等

診療科別主要手術別患者数等(上位3位)ファイル

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 58 6.02 17.40 0.00% 70.34
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)
K509-4 気管支瘻孔閉鎖術

当科は、化学療法が多く行われているため、ポート設置(薬液の注入部位を皮下に埋め込む)の件数が上位になっています。気管支瘻孔閉鎖術は続発性気胸等に対する、血管塞栓術は喀血や気道出血をきたした患者さんに対する治療法です。その他、気管支鏡を使用してのレーザー腫瘍焼灼術やステント留置術なども多く行っています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 84 4.35 16.00 1.19% 71.83
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 36 9.83 14.28 0.00% 53.39
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 31 3.29 4.10 0.00% 26.42

肺癌をはじめ、気胸やその他の良性肺疾患等に対して、胸腔鏡下の手術を多く行っています。また、他院ではあまり行われていない「多剤耐性結核症」や「非結核性抗酸菌症」に対する「肺切除術等(胸腔鏡下含む)」も行われています。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 102 0.26 3.16 0.00% 68.70
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)

「内視鏡的結腸ポリープ切除」治療は3泊4日のクリニカルパスにて行っています。 ポリープ切除後は、出血の有無の確認のため入院していただいています。 その他、上部・下部消化管止血術や胆道ステント留置術など、内視鏡的手術も行っています。

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 160 0.06 3.13 0.00% 67.78
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 53 1.94 4.94 1.89% 68.64
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 39 8.00 21.03 0.00% 70.69

当科は、結腸癌の手術をはじめ、直腸癌や胃癌等、消化器の悪性腫瘍手術や胆石・胆嚢炎、虫垂炎、鼠径ヘルニア、他院では対応困難な腸結核合併症なども含む消化器全般の手術を数多く行っています。また、消化器内科医師と協力して、当科においても内視鏡的ポリープ切除治療を多数行っています。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 46 3.00 14.04 2.17% 62.57
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 27 3.52 21.33 0.00% 61.11
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 22 3.18 12.64 0.00% 54.05

当科における乳癌に対する手術は、乳腺全摘、乳腺部分切除などあらゆる手術方法に対応しており、整容性を高めるために内視鏡補助下手術や人工乳房による乳房再建術も行っています。手術を行った患者さんは、術後のリハビリを行って退院されることが多いため、在院日数が少し長めになっています。十分なリハビリを行う事によって、術後の浮腫などの予防につながります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

その他ファイル

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 10 0.20%
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

播種性血管内凝固症候群(DIC)は重症感染症などに合併する血液凝固異常で、敗血症は本来無菌である血液中でも細菌が増殖する、どちらも重篤な病態です。当院は重篤な呼吸器感染症や消化器感染症を治療する機会も多く、これらの病態も少ないながら認められました。
手術・処置の合併症は、膀胱カテーテル留置による尿路感染症、中心静脈カテーテル留置による感染症、肺癌術後の皮膚感染症、すべて比較的軽症で治癒しています。

2016年9月20日 更新